スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<普天間移設>米国の意向無視した与党合意ありえない…首相(毎日新聞)

 【ニューデリー影山哲也】鳩山由紀夫首相は28日夕(日本時間同日夜)、訪問先のインドで同行記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「与党内の合意をする時に当然日米で議論しなければならない。米国の意向を無視した与党合意はあり得ない」と述べ、米側の了解を得たうえで政府として来年5月を期限に移設先を決める方針を表明した。移設先決定については米側の意向を無視できないとの考えを示したものだ。

 首相は結論を出す時期について「5月までに出す」と明言したうえで、「(期限を)設けなければ米国にも理解していただけない。政府としても最終的に結論を出す」と述べ、日米協議も同時並行で進める考えを示した。

 首相はまた、米側の意向を重視する考えを示したことについて「そういう思いの下でグアムに対して私なりの思いを述べた」と語った。首相は、米領グアムへの移設を繰り返し否定しているが、社民党が主張するグアム移設案は米側の理解を得られないとの認識を示した発言だ。

【関連ニュース】
日露外相会談:領土問題、緊密な協議の継続で一致
普天間移設:「5月までに結論」 検討委、初会合で合意
普天間移設:官房長官「グアム排除せず」 検討委初会合へ
普天間:鳩山首相の国外移設案否定 社民党が猛反発
前原国交相:「国民新、社民に引っ張られている」と発言

西野憲一のブログ
p1fzik3oの日記ブログ管理ツール
ショッピング枠現金化
ネイルサロン
クレジットカード現金化
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。