スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界緑内障週間に合わせ、3月に市民講座(医療介護CBニュース)

 眼球内の圧力で視神経が損傷し、視野が徐々に欠けていく疾患である緑内障への理解を深めようと、日本緑内障学会は世界緑内障週間(3月7-13日)の最終日に、サンケイプラザホール(東京都千代田区)で「緑内障市民公開講座」を開催する。

 当日は、東京警察病院の安田典子眼科部長が「緑内障をもっとよく知ろう!自分の目は自分で守るために」と題して講演する。


【関連記事】
「包括的眼科検診」の受診、日本は3割以下
日食観察で目に障害、報告13例
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
「皮膚科群」は大幅赤字、「眼科群」は黒字-部門別収支調査

「共通言語」としてのICFの在り方を議論(医療介護CBニュース)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
中学の学力試験で教諭が不適切行為 足立区(産経新聞)
虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
橋下知事 支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。