スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中は純潔

真夜中は純潔(まよなか-じゅんけつ)は、2001年3月28日に発売された椎名林檎の7枚目のシングルである。発売元は東芝EMI/Virgin Music。先行発売として、今作のアナログ盤が一週間早い3月16日に発売された。初回限定盤のみ、帯に「リンリン生唾プロマイド」付き(被写体は、椎名林檎とその飼い猫のゲーテ)。概要本作は、椎名林檎とはデビュー以来の付き合いであったアレンジャー亀田誠治の手を離れて製作された。表題作の「真夜中は純潔」は、東京スカパラダイスオーケストラが編曲を担当している。またC/W曲は、デビューアルバム『無罪モラトリアム』から「シドと白昼夢」を、服部隆之による別アレンジで収録。3曲目の「愛妻家の朝食」は、キーボーディストの森俊之が編曲を担当している。各収録曲は、夜・昼・朝の順に並べられ、振り仮名はカタカナでふられている。なお今作の演奏者達は、東京スカパラダイスオーケストラにならって、すべて「○○オーケストラ」と表記される。今回のPVは、椎名林檎としては珍しく、全編アニメーションで製作されている。もともとこのPVは、実写で撮影されるはずだった。しかし衣装合わせの段階で、椎名林檎の妊娠が発覚(彼女は、バックバンドのギタリスト・弥吉淳二とのあいだに子どもを儲けており、撮影当時は妊娠五ヶ月であった)、急遽、PVはアニメーションに変更された。後に椎名林檎は、インタビューで「あのまま撮影していたら空中を飛んでるヘリに掴まっているシーンを撮っていた」と笑いながら語っている。ちなみに、その後に発売された彼女のシングル「りんごのうた」のプロモーションビデオの中には、「真夜中は純潔」の実写版と思われるシーンが一部登場する。アニメPVには、彼女の愛猫ゲーテがサイボーグ猫として登場している。またPV中に出てくるバンドネオンは、彼女がピザ屋で働いてた頃の初任給で買った物。当初、椎名林檎自身が演じるはずだった女性キャラクターは、椎名林檎そっくりだが実は違うキャラクターという設定になっており、一般公募により「潔純真夜(きよずみまよ)」と命名されている。同様に、禿頭・髭面の悪役は、彼女のバックバンドのキーボーディスト皆川真人が演じていることになっている。彼は以前、椎名林檎に「何でもやるからね」と言っており(実際、『唄ひ手冥利~其ノ壱~』では人間キーボード・スタンドにもなっている)、「それなら」ということで、まだ実写で撮る予定だった段階で、敵の悪役をやってもらおうということになった。そのため、本作品にはサウンド面では全く関与していないにも関わらず、実写からアニメに変更された後も絵としてだけ参加することとなった。しかし、皆川本人はその事を後で知ったそうである。東京スカパラダイスオーケストラも、アニメ中にバンドのメンバーとして出演しているが、なぜかDVD「性的ヒーリング~其ノ参~」にはクレジットされていない。アニメPVであったために、発売後には秋葉原界隈でちょっとした話題にもなったらしい。ちなみに、この「真夜中は純潔」は、三枚目のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』に「愛妻家の朝食」と共に収録される予定であったが、製作中に世界観が合わないと判断され、収録が見送られている。そのために、東京事変結成後もアルバムに収録されていない。ただ、椎名林檎の全国ライブツアー「雙六エクスタシー」では、第一期の東京事変によるアレンジで演奏された。その模様は、DVD「Electric Mole」に収録されている。4枚目のオリジナルアルバム『三文ゴシップ』に収録されている「密偵物語」は今作の続編となっている。収録曲真夜中は純潔 演奏:新東京スカパラダイスオーケストラ 編曲は東京スカパラダイスオーケストラであるが、クレジットには、なぜか「新東京スカパラダイスオーケストラ」と表記されている。シドと白昼夢 演奏:東日本スウィングパラダイスオーケストラ デビューアルバム『無罪モラトリアム』収録曲の別バージョン。編曲は服部隆之で、ドラムには村上ポンタとしても知られる村上秀一が参加している。10周年記念ライブ「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」では、このアレンジで披露された。愛妻家の朝食 演奏:全日本スケルツォパラダイスオーケストラ アコーディオン奏者で世界的に有名なcobaが参加しているが、当初、椎名はcobaが参加している事を知らなかった。オケ(楽器による伴奏の音源)を聴いてハウス食品の商品「ハウスカレーマルシェ」のCMソングを思い浮かべたそうだが、その作曲者本人が参加している事は知らなかったという。全作詞・作曲:椎名林檎編曲:新東京スカパラダイスオーケストラ(M1)、服部隆之(M2)、森俊之(M3)録音:井上うに 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%A4%9C%E4%B8%AD%E3%81%AF%E7%B4%94%E6%BD%94」より作成カテゴリ: 椎名林檎の楽曲 | 2001年のシングル | 番場秀一の監督したミュージック・ビデオ隠しカテゴリ: シングル関連のスタブ項目真夜中は純潔(まよなか-じゅんけつ)は、2001年3月28日に発売された椎名林檎の7枚目のシングルである。発売元は東芝EMI/Virgin Music。先行発売として、今作のアナログ盤が一週間早い3月16日に発売された。初回限定盤のみ、帯に「リンリン生唾プロマイド」付き(被写体は、椎名林檎とその飼い猫のゲーテ)。概要本作は、椎名林檎とはデビュー以来の付き合いであったアレンジャー亀田誠治の手を離れて製作された。表題作の「真夜中は純潔」は、東京スカパラダイスオーケストラが編曲を担当している。またC/W曲は、デビューアルバム『無罪モラトリアム』から「シドと白昼夢」を、服部隆之による別アレンジで収録。3曲目の「愛妻家の朝食」は、キーボーディストの森俊之が編曲を担当している。各収録曲は、夜・昼・朝の順に並べられ、振り仮名はカタカナでふられている。なお今作の演奏者達は、東京スカパラダイスオーケストラにならって、すべて「○○オーケストラ」と表記される。今回のPVは、椎名林檎としては珍しく、全編アニメーションで製作されている。もともとこのPVは、実写で撮影されるはずだった。しかし衣装合わせの段階で、椎名林檎の妊娠が発覚(彼女は、バックバンドのギタリスト・弥吉淳二とのあいだに子どもを儲けており、撮影当時は妊娠五ヶ月であった)、急遽、PVはアニメーションに変更された。後に椎名林檎は、インタビューで「あのまま撮影していたら空中を飛んでるヘリに掴まっているシーンを撮っていた」と笑いながら語っている。ちなみに、その後に発売された彼女のシングル「りんごのうた」のプロモーションビデオの中には、「真夜中は純潔」の実写版と思われるシーンが一部登場する。アニメPVには、彼女の愛猫ゲーテがサイボーグ猫として登場している。またPV中に出てくるバンドネオンは、彼女がピザ屋で働いてた頃の初任給で買った物。当初、椎名林檎自身が演じるはずだった女性キャラクターは、椎名林檎そっくりだが実は違うキャラクターという設定になっており、一般公募により「潔純真夜(きよずみまよ)」と命名されている。同様に、禿頭・髭面の悪役は、彼女のバックバンドのキーボーディスト皆川真人が演じていることになっている。彼は以前、椎名林檎に「何でもやるからね」と言っており(実際、『唄ひ手冥利~其ノ壱~』では人間キーボード・スタンドにもなっている)、「それなら」ということで、まだ実写で撮る予定だった段階で、敵の悪役をやってもらおうということになった。そのため、本作品にはサウンド面では全く関与していないにも関わらず、実写からアニメに変更された後も絵としてだけ参加することとなった。しかし、皆川本人はその事を後で知ったそうである。東京スカパラダイスオーケストラも、アニメ中にバンドのメンバーとして出演しているが、なぜかDVD「性的ヒーリング~其ノ参~」にはクレジットされていない。アニメPVであったために、発売後には秋葉原界隈でちょっとした話題にもなったらしい。ちなみに、この「真夜中は純潔」は、三枚目のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』に「愛妻家の朝食」と共に収録される予定であったが、製作中に世界観が合わないと判断され、収録が見送られている。そのために、東京事変結成後もアルバムに収録されていない。ただ、椎名林檎の全国ライブツアー「雙六エクスタシー」では、第一期の東京事変によるアレンジで演奏された。その模様は、DVD「Electric Mole」に収録されている。4枚目のオリジナルアルバム『三文ゴシップ』に収録されている「密偵物語」は今作の続編となっている。収録曲真夜中は純潔 演奏:新東京スカパラダイスオーケストラ 編曲は東京スカパラダイスオーケストラであるが、クレジットには、なぜか「新東京スカパラダイスオーケストラ」と表記されている。シドと白昼夢 演奏:東日本スウィングパラダイスオーケストラ デビューアルバム『無罪モラトリアム』収録曲の別バージョン。編曲は服部隆之で、ドラムには村上ポンタとしても知られる村上秀一が参加している。10周年記念ライブ「椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」では、このアレンジで披露された。愛妻家の朝食 演奏:全日本スケルツォパラダイスオーケストラ アコーディオン奏者で世界的に有名なcobaが参加しているが、当初、椎名はcobaが参加している事を知らなかった。オケ(楽器による伴奏の音源)を聴いてハウス食品の商品「ハウスカレーマルシェ」のCMソングを思い浮かべたそうだが、その作曲者本人が参加している事は知らなかったという。全作詞・作曲:椎名林檎編曲:新東京スカパラダイスオーケストラ(M1)、服部隆之(M2)、森俊之(M3)録音:井上うに 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%A4%9C%E4%B8%AD%E3%81%AF%E7%B4%94%E6%BD%94」より作成カテゴリ: 椎名林檎の楽曲 | 2001年のシングル | 番場秀一の監督したミュージック・ビデオ隠しカテゴリ: シングル関連のスタブ項目

コンゴ語で語る日本の出来事
アゼルバイジャン語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化 即日
出会いランキング
ネイルサロン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。